過去は過去、今は今、未来も今

正しい人から楽しい人へ

これは、ロジウラで遊べるBTY・Akiyogのコンセプトです。

BTYに正解はありません。

BTYは生ものなので今日の今の自分が一番カッコいい!をやっていきます。

毎日自分を生きて楽しくいきましょう。

 

「たわわごと」はAkiによる路地裏に関する戯言でございます。

※個人サイトAki.satoairplaneにて毎日ブログ更新中!

今にフォーカスする理由

今を生きることが大事っていうけれど、なぜ今にフォーカスするのか。

それは、今にフォーカスしておかないと楽しめないからです。

過去の知識や常識に囚われていると全然楽しめません。

また、まだ起きてもない未来に不安を抱いていても目いっぱい楽しめません。

考え方や価値観、癖、好み、今いる環境や関わる人々も全て過去の自分がつくってきました。

楽しいことも苦しいことも沢山あって全部乗り越えてきたのが今の自分。

どれひとつ欠いてもきっと今の自分はいないのです。

過去の失敗を責めても現実は変わりませんし、過去の栄光にひたったところで「あの頃はよかった」の”あの頃”はもう戻ってきません。

過去の実績は過去のものとして、今を楽しみましょう。

ありのまんまでいい

ありのまんまでいいとは、完璧主義じゃなくていいということだと私は思います。

ありのままでいいといって、何もせずにそのままでいるとは違います。

時間は待ってくれないので今の自分で何ができるのか。

よくいう人生で今が一番若くて今が一番熟しているというやつです。

一番旬の今の自分が、どれだけできるかできないか、ただそれだけのこと。

私たちは常に変化する生き物なので、今、存在しているまんまの自分を存分に楽しむ。

何もしないがいいんじゃなくて、ありのまんまの自分を存分に味わっていけるのがいいですね。

過去は過去、今は今、未来は今

明日はあるけど、明日はきません。

ずっと今日、今この瞬間の連続です。

あなたはどんな未来にしていきたいですか。

思考は現実化するといいます。

私たちは自分が見たい景色を自分で選んで映し出した世界に生きてます。

過去は変えられませんが未来へ向けて過去の価値観は変えられます。

自分の中の歪みがどん底のものであればあるほど、人は大きく変われるチャンスでもあります。

それに気づけるか気づかないかによって未来は異なります。

未来は自分で変えられます。

自分がどんな未来を生きたいか。

過去の自分が今の自分をつくり、未来の自分は今の自分をつくるのです。

今を精一杯生きろってことですかね。

最後に*正しい人から楽しい人へ

正しさの分だけ正しくないをつくっているのは自分です。

大人になるにつれて~べき、~しなければならない、ちゃんと○○などと、いつしか正しさを求めるようになり、その正しさから遠ざかることに恐怖をうみます。

自分の正しいが必ずしも相手の正しいとも限りませんし、自分が正義のヒーローだとするならば、悪をつくっているのもまた自分自身です。

今は過去の積み重ねですが、積み重ねてきた正しさの執着は手放していきましょう。

「正しさ」よりも「楽しい」を選択できる今を生きて、未来につながる今がいいです。

身軽に気楽に生きていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です