ウラロジ/アフリカ料理のランチ会

先日、第一回アフリカ料理のランチ会を無事に開催することができました。

個人的に好きな食べ物は・・・アチェケ!と言ってもよいレベルで好きです。

(言いたいですけど、実際は滅多に食べられないので笑)

とにかく、美味しいです!

Africaアフリカ料理ランチ会に至るまで

美味しいものはみんなにも食べてもらいたい!というロジウラ番長Akiの想いからです。

アチェケを知ったのは、以前、親友がハラールレストランを経営していてお店のお手伝いをした時にたまに食べさせてもらっていたのがきっかけです。

お店のメニューではなく、オーナーの旦那様(コートジボワール出身)が振舞ってくれたのがアフリカ料理で、そのうちの一つがアチェケでした。

また食べたい!と想い、オファーしたところ快く快諾してくれたというわけです。

日本でなかなか手に入らないアチェケを食べられるのは本当に貴重です。

日本で唯一アチェケが食べれる場所といっても過言ではないかもしれません。

興味がある方はぜひ食べてみてください。

アチェケについて

ところで、アチェケ (Attiéké)ってなんなの?に関してですが、 コートジボワール の郷土料理です。

キャッサバ からつくられていて見た目はクスクスのような感じです。

クスクスは小麦に対して、アチェケは芋からつくられています。

またキャッサバという芋を醗酵させているので触感ももちもちしていて少し酸味があります。

このアチェケに揚げ魚をのせ、カットした野菜をのせて混ぜて食べます。

アチェケの味付けは塩のみ(魚には胡椒少々)で、とてもシンプル。

水分を含むとお腹の中で膨らむので、少量食べても腹持ちがとても良いです。

ウィキペディアさま参照 アチェケ – Wikipedia

次回の開催予定

第二回アフリカ料理ランチ会 5食限定

9月24日(木)13時~ 15時まで目安(15時半完全撤収)

●お品書き●

一、アチェケ

一、ジンジャージュース(予定)

●料金●

一人前 1,800円(ジュース込み) 大盛りプラス100円

(アチェケのみ 1,600円)

●持ち物●

20cm以上のマル皿(当日、使用後の食器類はスタジオでは洗えませんのでお持ち帰りください)、スプーン、フォーク

※使い捨ての紙皿を用意しますが別途50円頂戴します。

最後に*美味しいと幸せはイコール

美味しいものを食べると身体が喜びます。

食べたもので身体が作られているので、ジャンクなものばかりを身体に取り入れているといつか不調が現われます。

すぐにこなくても、数か月後かもしれないし数10年後かもしれません。

本当に美味しいものというのは自分の身体に合った、自分に必要なものを食べていくということだと思います。

味覚や体質も人それぞれですから、一概には言えませんが自分が美味しいと思うものを食べていきましょね。

そして自分の身体が喜ぶものを食べていきましょう。

心と身体はリンクしますので、BTYで身体を動かして整えて美味しいものを食べるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です